SONY HVL-F60RM2レンタルなら【東京カメラ機材レンタル】

トップに戻る照明機材レンタルSONY HVL-F60RM2の詳細

レンタル-照明機材アクセサリー

6042

業界最安レンタル機材
SONY HVL-F60RM2

SONY HVL-F60RM2-1

画像をクリックすると大きな画像になります

SONY HVL-F60RM2-2 SONY HVL-F60RM2-3 SONY HVL-F60RM2-4

《レンタル料金》
1日(2泊3日)/1,300円(税抜) 1,430円(税込)
1週間/6,500円(税抜) 7,150円(税込)

1日分の料金で前日貸出、撮影日の翌日返却でお客様には最長2泊3日で機材を貸出すること可能です。

  • 1日目:貸出

    14:00から

    1日目:貸出
  • 2日目:撮影

    ご使用日

    2日目:撮影
  • 3日目:返却

    12:00まで

    3日目:返却

貸出は前日14:00から閉店まで。
返却は翌日9:00〜12:00となります。
ご予約の期間内でしたらいつでも貸出・返却ができます。
※店舗営業時間内に限る

※上段:貸出日数  下段:割引後貸出料金
1〜4 5 6,7 8,9 10,11 12,13 14,15 16,17 18,19 20,21 22〜24 25〜27 28〜31
割引なし 4
日分
5
日分
6
日分
7
日分
8
日分
9
日分
10
日分
11
日分
12
日分
13
日分
14
日分
15
日分


《付属品》

SONY HVL-F60RM2本体(シューキャップ付)
SONY HVL-F60RM2
本体(シューキャップ付)
シュースタンド
シュースタンド
ケース
ケース
エネループ 4本
エネループ 4本
カラーフィルター2個(アンバー、グリーン)
カラーフィルター2個
(アンバー、グリーン)
バウンスアダプター
バウンスアダプター
ポーチ
ポーチ


SONY HVL-F60RM2 の特長

プロが求める高い発光性能・堅牢性・操作性が向上した電波式ワイヤレス通信対応の大光量フラッシュ。

  • ガイドナンバー60 広角20mmから望遠200mmまでの幅広い照射角度に対応。
  • 発光回数240回、発光間隔はフラッシュ単体で1.7秒。
  • 対応カメラ(※1)と組み合わせることで、10コマ/秒で約200回(※2)の高速連写に連動して発光でき、安定した連続発光撮影が可能。
    ※1:SONY α1/α9 II/α7S III/α7R IV/α7R IV/α7R III/α7R III/α7 IV/α7 III/α6600
    ※2:通常発光時、光量レベル1/32、ニッケル水素電池使用時。デジタル一眼カメラのメカシャッター使用時
  • 対応カメラ(※)のシューに取り付けると、カメラの「外部フラッシュ設定」機能で、調光補正、光量比設定などフラッシュに関する詳細な操作がカメラから行えます。
    ※:α1/α7S III/α7R IV(Ver. 1.1以降)/α7R IV(Ver. 1.1以降)/α7R III(Ver. 3.1以降)/α7R III(Ver. 3.1以降)/α7 IV/α7 III(Ver. 3.1以降)/α7C/ZV-E10
  • クイックシフトバウンスの採用で、左右90°、上150°、下8°にフレキシブルに発光部分を動かすことができ、迅速に縦・横位置の切り換えが可能。
  • 電気端子部を含む全方向の衝撃に対して配慮した「サイドフレーム補強構造金属シュー」を搭載。マルチインターフェースフットの端子部を金属素材で保護し、従来機種HVL-F60RMのものと比べて強度も向上。
  • シュー部にシーリングを行うことで防塵・防滴性能が向上。
  • 耐熱材料の採用と発光アルゴリズムの最適化により、オーバーヒートが起こりにくく、長時間のフラッシュ撮影が可能。
  • 独立した光量レベル(LEVEL −/+)ボタンで光量や調光補正値も迅速に設定可能。
  • 使用頻度の高い機能を十字キー、中央ボタン、コントロールホイールに割り当てることが可能。
  • TTL発光メモリー機能で、TTL発光時の光量を記憶できます。記憶したTTL発光量を呼び出しができ、撮影意図や好みに合わせてマニュアル調整するなど、設定の簡略化と時間短縮に繋がります。


バッテリー駆動回数(ニッケル水素電池使用時)

発光回数 240回以上



ご予約のページに移ります。




東京カメラ機材レンタル㈱のトップページのウインドゥを開く



                         

Powered by WordPress. Mydiario scrapbook WordPress theme designed by simplyWP modified by QHM Temps

powered by HAIK 7.3.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional