[レンタル]Canon EOS Kiss X10 | 一眼レフカメラを借りるなら【東京カメラ機材レンタル】

トップに戻るデジタル一眼レフレンタルCanon一眼レフカメラレンタル
Canon EOS Kiss X10の詳細

レンタル-デジタル一眼レフ

2118

業界最安レンタル機材
Canon EOS Kiss X10

Canon EOS Kiss X10-1

画像をクリックすると大きな画像になります

 

《レンタル料金》
1日(2泊3日)/4,000円(税抜) 4,400円(税込)
1週間/20,000円(税抜) 22,000円(税込)

1日分の料金で前日貸出、撮影日の翌日返却でお客様には最長2泊3日で機材を貸出すること可能です。

  • 1日目:貸出

    14:00から

    1日目:貸出
  • 2日目:撮影

    ご使用日

    2日目:撮影
  • 3日目:返却

    12:00まで

    3日目:返却

貸出は前日14:00から閉店まで。
返却は翌日9:00〜12:00となります。
ご予約の期間内でしたらいつでも貸出・返却ができます。
※店舗営業時間内に限る

※上段:貸出日数  下段:割引後貸出料金
1〜4 5 6,7 8,9 10,11 12,13 14,15 16,17 18,19 20,21 22〜24 25〜27 28〜31
割引なし 4
日分
5
日分
6
日分
7
日分
8
日分
9
日分
10
日分
11
日分
12
日分
13
日分
14
日分
15
日分


《付属品》

Canon EOS Kiss X10本体
Canon
EOS Kiss X9本体
バッテリーx2(LP-E17)
バッテリーx2
(LP-E17)
充電器
充電器
ボディキャップ
ボディキャップ
ストラップ
ストラップ
取扱説明書
取扱説明書


Canon EOS Kiss X10の特長

小型軽量ボディに上位機種に迫る高画質を実現したエントリーモデル。

  • 可動式液晶モニターを搭載したデジタル一眼レフカメラにおいて、質量約449gで世界最軽量となる小型ボディーを実現。
  • ファインダー撮影時やライブビュー撮影時に、最高約5.0コマ/秒の連写が可能。
  • 被写体の動きを予測し、自動的にピントを合わせ続ける「AIサーボAF」により、初心者でも動き回る被写体の撮影が容易。
  • ライブビュー撮影時は、各画素が撮像と位相差AFの両機能を兼ねる「デュアルピクセルCMOS AF」により約0.03秒の高速AFを実現。
  • タッチ操作が可能なバリアングル液晶モニターを搭載。ライブビュー撮影や動画撮影において、自由な操作性や撮影アングルを実現。自分撮りやリモート撮影による集合写真を手軽に楽しめます。
  • 肌の質感や明るさを調整する「美肌」モードを搭載。モードダイヤルの「SCN」で設定でき、効果を5段階から選択することが可能。
  • 初心者にも分かりやすく親しみやすい配色とデザインのUI(ユーザーインターフェース)「ビジュアルガイド」を採用。各撮影モードの効果を、簡易な説明や写真、視覚的な表現で分かりやすく表示。ユーザーの好みに応じて上位機種等で使用されるUIへと切り替えも可能。
  • 自分好みの画作りが簡単に設定できる「クリエイティブアシスト」をデジタル一眼レフカメラで初搭載。「シーンインテリジェントオート」モード設定時、画面上に表示されるアイコンから簡単に操作が可能。
  • 有効画素数約2410万画素のAPS-Cサイズ相当のCMOSセンサーと、映像エンジンDIGIC 8の組み合わせにより、解像度の高い静止画撮影と4K動画の撮影を実現。
  • レンズの収差などを補正する「デジタルレンズオプティマイザ」をカメラ内に搭載し、撮影時に適用可能。撮影レンズなどによって生じた光学的な収差を補正し、高画質な撮影が可能。
  • 最高ISO25600(拡張時:51200相当)の常用ISO感度を達成。暗い場所でも低ノイズで高画質な撮影を実現。
  • 明るさやコントラストを自然な印象に自動補正する「オートライティングオプティマイザ」を搭載。映像エンジンDIGIC 8により静止画の補正機能が進化し、白トビの低減に加え、特に「強め」設定では、明るい領域の階調を豊かに表現することが可能。
  • 「デュアルピクセルCMOS AF」が進化し、ライブビュー撮影時は測距エリアが拡大。対応レンズ装着時、撮像面の約100%(縦)×約88%(横)の測距エリアに対応し、AFエリア任意選択時は最大3,975のポジションからピントを合わせたい部分を選択することが可能。また、AFエリア自動選択時は、最大143分割での測距が可能。
  • 映像エンジンDIGIC 8により、「デュアルピクセルCMOS AF」の被写体追尾性能が進化。測距時に二次元の情報に加えて、被写体と背景との奥行き情報も活用して被写体を認識するため、類似する被写体や同系色の被写体への誤追尾が減少。
  • ライブビュー撮影時は、低輝度限界EV-4を実現。暗い場面でも高精度なピント合わせを実現。
  • ライブビュー撮影時は、サーボAF/動画サーボAF設定においても被写体の瞳をピンポイントで検知してフォーカスを合わせる「瞳AF」が作動し、動く人物の表情も快適に撮影することが可能。
  • 「スポット1点AF」を搭載。従来の「1点AF」よりもさらに小さいAFフレームで撮影することが可能。
  • フルHDの4倍の解像度となる4K(24p/25p)の高精細な動画撮影が可能※。
    ※4K動画はクロップ撮影、4K動画撮影時のフォーカス方式はコントラストAF方式。
  • 撮影した4K動画からPCなどを使わず、カメラ操作のみで任意の1フレームを約830万画素(3840×2160)のJPEG画像※として保存する「4Kフレーム切り出し」を搭載。
    ※フルHD/HD動画からのフレーム切り出しはできません。また、動画の1コマを静止画として保存するため、通常の静止画と同等の画質にはなりません。
  • 一定間隔で撮影した画像を自動でつなぎ合わせ、長時間の変化をコマ送りのような動画で短時間にまとめる「4Kタイムラプス動画」を搭載。人の流れや景色の変化などを短時間の動画にすることが可能。
  • 動画撮影時は、ジャイロセンサーの活用により、対応レンズ装着時に5軸(水平回転補正、縦回転補正、回転軸補正、左右補正、上下補正)の手ブレ補正が可能。
    ※動画デジタルズーム、タイムラプス動画、HDR動画、クリエイティブフィルター設定時は動画電子IS使用不可。動画電子IS使用時は画角が狭くなります。
  • スマートフォンなどの携帯端末への接続手段として、Wi-Fiに加え、Bluetoothとの接続にも対応。初回にペアリング設定をすることで、カメラとスマートフォン使用時にBluetoothで自動的に接続が可能。また、画像転送時は、BluetoothからWi-Fiへ自動的に切り替わるため、カメラ側での手動のWi-Fi接続操作が不要となり、簡単に画像送信をすることが可能。
  • メニュー設定画面において「無線通信設定」のタブを新設。他の撮影設定と同様に接続設定もより簡単な操作で設定可能。
  • Wi-Fiに接続されているスマートフォンに撮影と同時に画像を自動送信できる「撮影時画像自動送信」を搭載。また、カメラ内データの閲覧や転送において、新たに4K動画の転送にも対応。カメラ側で4K動画をフルHDに変換して送信することで、4K動画に対応していないスマートフォンでも再生することが可能。




ご予約のページに移ります。




東京カメラ機材レンタル㈱のトップページのウインドゥを開く



                         

Powered by WordPress. Mydiario scrapbook WordPress theme designed by simplyWP modified by QHM Temps

powered by HAIK 7.6.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional